トップへ戻るhome
フェスティバルホール様に d&b audiotechnik が導入されました

2013-12-06

0.jpg
開館50周年を迎えて 2008 年に惜しくも一時閉館,5 年の歳月をかけて新しく生まれ変わった新しいフェスティバルホールに d&b audiotechnik が導入されました。


1.jpg
2 代目フェスティバルホールは初代と変わらぬ 2,700 席の客席,間口 30 m を継承し,奥行きが 22.5 m になった大舞台と可動音響反射板,オーケストラ・ピットで構成され,オペラ,バレエ,クラシックからポピュラーミュージック,ジャズ,ロック,能,狂言,舞踊などあらゆるジャンルに対応します。


2.jpg
プロセニアム LCR には Q-Series の設備仕様 Qi1×6 +オーケストラピット狙いに Qi7 が吊られました。音質の妥協はせずにフェスティバルホール特有の意匠,プロセニアムアーチの形状,舞台照明などに配慮しながらアレイの本数,吊り方,角度は慎重に検討が進められました。ラインアレイを外に設置することにより自然な音を届けることができ,プロセニアム LCR に開口部を開けることなくアコースティック音響特性にも貢献することができました。


3.jpg
サイドスピーカー LR は Q1×6 が特型キャスターにスタックされ,移動型側壁反射板の背面にセットアップすることができます。


4.jpg
イベントやコンサートでは表に出して移動型スピーカーとして使うことができます。サブウーファーとして J-SUB×4,M4 Monitor×4 も導入されました。


5.jpg
ステージ内モニターサイド FB として 12S Loudspeaker×6 がカバーします。


6.jpg
バルコニー席にも 5S Loudspeaker×18 がそれぞれの壁に埋め込まれ,バルコニーごとにディレイ調整されています。


f1.jpg
プロセニアム LCR から狙えきれない客席最後部へは 5S Loudspeaker×15 でフォローしています。

f2.jpg
2F 奥にも 5S Loudspeaker×13 でフォロー。


f3.jpg
3F 奥シーリングスピーカーとして 8S Loudspeaker×5 がインストールされました。


f4.jpg
サイドバルコニー前列も 5S Loudspeaker×4 でカバー。ステージフロントにも 5S×8 が埋め込まれています。


7.jpg
DSP パワー・アンプ D12 は音響室からリモート・コントロールされ,Soundcraft Vi6 から AES/EBU でフルデジタル運用されています。Wi-fi 経由で客席からリモートすることもできます。モニタースピーカーとして GENELEC 8240A×3 が採用されました。こちらも DSP 内蔵アクティブモニターで AES/EBU で接続されています。


fes.jpg


logo.jpg

フェスティバルホール
〒530-0005 大阪市北区中之島2-3-18
Tel 06-6231-2221
Web Site http://www.festivalhall.jp